TOP > 酒蔵のこだわり > 新瓶または一度洗い瓶のみ使用(平成19年)

新瓶または一度洗い瓶のみ使用(平成19年)

異物混入を防ぐ為には、全量新瓶使用が最も効果的です。でも環境には優しいとは言えません。瓶のリサイクル推進の為にも、酒販店からの空瓶回収を続けています。空瓶がある程度の量、溜まると洗瓶業者に一度洗いを委託します。確かにコストは掛かります。しかし、異物混入の可能性が低下しさらには、洗瓶の際の洗剤濃度を下げる事で、瓶内に洗剤が残りにくくなりました。
L Contents Menu
このページの先頭へ