TOP > 酒蔵のこだわり > 自動洗米浸漬装置の導入 フジワラテクノアート (平成14年)

自動洗米浸漬装置の導入 フジワラテクノアート (平成14年)

気泡が消える際に超音波が発生し、糠が取れるという原理を利用した機械です。

①糠が良く取れる。②吸水率が安定して希望値に近付く。

その結果 ①突き破精型の麹に仕上がり糖化力が強く、香味の幅が出る。 ②糠が落ちる結果、後味が良く、吟醸香りもきれいに仕上がる以上の効用がありました。

sennmaiki.JPG

L Contents Menu
このページの先頭へ