TOP > 酒蔵のこだわり > 麹室改築(平成22年)

麹室改築(平成22年)

突き破精(つきはぜ)型の麹作りで、香り高く、しかも雑味のない酒を目指しています。その為、麹室を改築しました。乾湿の幅を持たせる為、従来のベニヤ張りから杉板張りに替えました。また熱源を温床線から、パネルヒーターに切り替えました。さらに平成23年から仲仕事まで、麹菌の繁殖を十分に促進する為にイケウチの加湿器を導入しました。平成24年に第二麹室を横の物置分拡張。代りの物置兼天井裏清掃のため屋根裏部屋を新設。また、換気として、熱交換型換気扇を三菱のロスナイを新たに導入しました。
L Contents Menu
このページの先頭へ