TOP > 酒蔵のこだわり > 食品会社としての酒蔵確立(平成22年)

食品会社としての酒蔵確立(平成22年)

「口に入れる物を製造している」という原点に立ち返り設備を一新致しました。

富山鉄工所製洗瓶機(平成22年10月)渋谷工業製充填機(平成23年8月)ガバニーノ製

ラベラー(平成23年6月)宗正製検瓶灯(平成23年9月)包装兼検査台(平成22年6月)麹室で

使用する履物自己管理化とTシャツと帽子の着用義務化(平成22年10月)、腕時計着用禁止と

蔵内随所に掛け時計設置(平成22年9月)社員による蔵、工場内塗装による意識の高揚(平成

22年7月~)サニタリーポンプ、サニタリー配管(平成25年秋口予定)詰め口ラインに防塵用保

護ルーフ設置(平成25年2月)、自動王冠供給機導入(平成25年春口予定)酒蔵、製品倉庫全

箇所に温湿度計設置し管理の「見える化」(平成24年7月)など鋭意努力中です。

L Contents Menu
このページの先頭へ